ぷげんの趣味ブログ

沖縄移住、ダイビング、星の写真を載せています。時々グルメやドラゴンズ等々

沖縄移住生活 ~再び古宇利島へ上陸 快晴ならきっと・・・~

前日の記事の続きになりますが「ワルミ大橋」を渡って、向かうは「古宇利島」です。

www.pugen-photo.com

 こちらが前日の記事です。是非ご覧下さいませ。

 

 

ワルミ大橋を渡り、屋我地島を経由して古宇利島へ向かいます。

屋我地島の西側から入って北に向かいます。前回は南側からでした。

 

f:id:ponderosa0619:20210201221632j:plain

ホラホラ。やっぱり来て良かった。

来るならやっぱり快晴狙いなんですよ。ここから既に海の色が綺麗過ぎます。

ドン曇りでもまぁまぁ綺麗でしたが、快晴になると古宇利島の本気を見ることができます。

 

www.pugen-photo.com

参考までに こちらが前回の古宇利島に行った時の記事になります。

 

 

f:id:ponderosa0619:20210201221841j:plain

古宇利大橋のたもとから海を撮影しました。

前回の曇空の時とは全然違って、海底がくっきりと見えます。

午後なので強い日差しが海底まで照り付けてくれています。

体に溜まった疲れを吹っ飛ばすには充分過ぎる絶景にテンション漠上がりです。

 

f:id:ponderosa0619:20210201222253j:plain

疲れも忘れて一気に古宇利大橋を駆け抜け「古宇利ビーチ」を橋の上から撮影しました。なんじゃこの透明感は。綺麗過ぎるぞー!!

橋の上から飛び込みたくなるじゃないかーっ。

そのまま飲んでもおいしそぅぅぅ・・・ですがしょっぱいだけです。

ちょっと冷静にならなくては。

 

古宇利島に到着したら前回も寄った売店でコカコーラゼロを買って水分補給しておきました。

 

f:id:ponderosa0619:20210201223013j:plain

前回「古宇利オーシャンタワー」は臨時休館だったので、まだやっていないだろうから今日は島内一周しようということになりました。

 

f:id:ponderosa0619:20210201222904j:plain

海岸沿いを走っていたらちょっと洞窟っぽいところを発見しました。

 

f:id:ponderosa0619:20210201223338j:plain

「ティーヌ浜ビーチ」の入口です。

ここもチェックしていたビーチです。ちょっと大きい雲が迫って来ていますが、行くなら今でしょ。

 

f:id:ponderosa0619:20210201223600j:plain

無料駐車場があります。先客はほとんどいないようですね。

 

f:id:ponderosa0619:20210201223537j:plain

これでもかっていうくらい手作り感に溢れた案内板です。

でもおかげさまで迷う人はほとんどいないでしょう。

 

f:id:ponderosa0619:20210201223804j:plain

こちらも駐車場のようですね。

 

f:id:ponderosa0619:20210201223915j:plain

すぐ後方には無料駐車場があるのに、こちらは¥100/carなんですね。

入れている人どのくらいいるんだろう・・・。振り向けば無料駐車場があるのですが。

でも例年なら車で溢れてるんでしょうね。

 

f:id:ponderosa0619:20210201224124j:plain

各所に順路が設置されていて、とてもわかりやすいです。

 

f:id:ponderosa0619:20210201224220j:plain

写真ではわかりにくですが、足下は緩やかな下りの上に非常に不安定です。

特にお子さんを引き連れる際には要注意だと思いました。

 

なんか雰囲気が宮古島の砂山ビーチを思い出します。

ここを抜けると・・・というワクワク感が高まってきます。

 

f:id:ponderosa0619:20210201224549j:plain

これが「ハートロック」と呼ばれるやつですね。

長い年月をかけて波に浸食されてできたものと想像しますが神秘的な形状ですね。

さすが「恋島」と呼ばれるだけのことはあります。

それになんと言っても海の透明度ですね。

 

     f:id:ponderosa0619:20210201225655j:plain

素敵な景色なので縦構図でも一枚。青い空と白いビーチを入れてみました。

 

 

f:id:ponderosa0619:20210201225910j:plain

最後におまけ。つい笑ってしまったのでシェアしたいと思い撮影しました。

 

いやぁ~、走行距離約40kmでした。

週明けた今日でもちょっと筋肉痛が残っちゃいました。

「でもそんなの関係ねぇ」って言えるくらい快晴の古宇利島は映えることしか知らない島でした。

 

今日はここまで。

 

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。