ぷげんの趣味ブログ

沖縄移住、ダイビング、星の写真を載せています。時々グルメやドラゴンズ等々

フィリピン ボホール⑩  〜最高に心地よいリゾートⅢ Bohol Beach Club 星空写真集~

 今日はボホールビーチクラブのビーチ&星空写真を紹介します。

 

ボホールビーチクラブにはとても綺麗で広いプライベートビーチがあります。

砂もきめ細かくて足をフワッと包んでくれるような感じです。

f:id:ponderosa0619:20200215042117j:plain

ビーチには警備の方もいて、アロナビーチのように野犬がうろついたりすることがないので、お子様がいても安心ですね。

またビーチにダイビングショップもありますので、シュノーケリングやグラスボート、パラセーリング等各種アクティビティが楽しめます。

 

f:id:ponderosa0619:20200215041721j:plain

皆さんサンセット写真を狙いにビーチでは写真撮影している方がたくさんいます。

またここでは敷地内WIFIが飛んでいるので、ドローンで空撮している方もいました。

 

f:id:ponderosa0619:20200215042625j:plain

ビーチでゆっくりハンモックに寝るのも気持ちが良いですよねぇ。

 

f:id:ponderosa0619:20200215042705j:plain

遠くに船のある辺りがアロナビーチでしょうか。

ずっと広く続いています。毎回ビーチでは夕陽に照らされたヤドカリを撮影するのですが、残念ながらここにはいませんでした。

 

f:id:ponderosa0619:20200215043032j:plain

敷地内にはプールがありますが、夜になると青くライトアップされてとても幻想的です。そしてプールサイドにはバーがありますので、食後やプールで遊んだ後にでも一杯飲むことができます。

 

f:id:ponderosa0619:20200215043320j:plain

そんなプールサイドで撮影したのがこちら。

冬の代表オリオン座が西に沈んでいきます。

 

f:id:ponderosa0619:20200215043531j:plain

30分くらいのライブコンポジットで撮影しました。

プール水面にもパームツリーや星の軌跡が反射していてお気に入りの一枚です。

 

f:id:ponderosa0619:20200215051808j:plain

ビーチ沿いでも撮影しました。

ビーチは夜になるとライトアップされているので、ちょっと明かりが邪魔になりました。でも日本ではあまり見ることができない南十字星が見えていますね。

 

f:id:ponderosa0619:20200215051957j:plain

ハンモックやパームツリーを入れてもいい写真になりますね。

ハンモックの上に南十字星が輝いています。

 

f:id:ponderosa0619:20200215052037j:plain

こちらは星の軌跡で撮影しました。

 

f:id:ponderosa0619:20200215052102j:plain

ビーチにはウッドチェアーもあります。南国の雰囲気が出て素敵です。

パラソルが開いている写真も欲しかったですが、これはしょうがないですね。

 

f:id:ponderosa0619:20200215052236j:plain

今度は星の軌跡で。

夜中の1~3時に一人でウロウロしているので、警備の方に職質されちゃいます。

日本ではしょっちゅうされるので、こちらは慣れっこです。

星の撮影をしていることを伝えると、手に持っているライトを消してくれてとてもありがたかったです。

 

f:id:ponderosa0619:20200215052505j:plain

たくさんのパームツリーと星で南国ならではの写真ですね。でもこの辺はちょっと明るかった・・・。

 

f:id:ponderosa0619:20200215052902j:plain

こちらは宿泊した部屋です。夜景撮影も素敵だと思います。

 

f:id:ponderosa0619:20200215052616j:plain

さすがに星撮影にはちょっと明るかったかな。

 

f:id:ponderosa0619:20200215052703j:plain

自分の部屋の前からビーチに向けて撮影しました。

カメラだけライブコンポジットでセットしておいて、入浴してから戻ると撮れているというラクチン撮影ができるのもリゾートのメリットですね。

 

昼はダイビングで夜は星撮影といつも何かと慌ただしい旅行になるのですが、とても満足しています。またここに泊まりに来たいなぁ。

 

今日はここまで。

 

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

そして気が付けば、当ブログも開設1年を迎えたようです。

今年は個人的に環境が大きく変わる年ではありますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

フィリピン ボホール⑨  〜最高に心地よいリゾートⅡ Bohol Beach Club 料理も最高でした~

ボホールビーチクラブに宿泊すると何でも揃っているので、特に用事がなければここで完結します。しかも料理も美味しかったので、全然外に行く必要がありませんでした。

 

f:id:ponderosa0619:20200214094733j:plain

朝食時の風景です。朝日が綺麗に見えるところです。

夜は毎日イベントがあるし、メニューも豊富で美味しいので滞在中は

ここ「AGOTATA(アゴタタ)」で食事をしていました。昼はダイビングショップでハンバーガーを注文していました。

 

f:id:ponderosa0619:20200214095032j:plain

モーニング6:00~9:00。

ビュッフェ形式でパンの種類もチーズの入っているものから全粒粉入っているなど豊富です。

 

f:id:ponderosa0619:20200214095424j:plain

こちらはガーリックライスであったり、アドボ系であったり、地元料理が並んでいました。客層は中国人が多くて、韓国の方もいらっしゃいます。なので、キムチも毎朝並んでいました。

 

f:id:ponderosa0619:20200214095646j:plain

こちらはエッグステーションです。

オーダーに応じて卵の数を増やしてくれたり、その場で調理してくれたりします。

 

f:id:ponderosa0619:20200214095814j:plain

毎朝このコンビでした。二人とも笑顔が素敵です。

写真撮影にも快く応じて頂きました。

 

f:id:ponderosa0619:20200214101149j:plain

エッグステーションのメニューは4種類。卵は1つでも2つでも3つでもOK。

 

f:id:ponderosa0619:20200214101259j:plain

卵はいつもどちらかに寄っていました。意図して?

それといつもデザートとして頂いた米粉で作ったケーキです。

 

f:id:ponderosa0619:20200214101425j:plain

朝食時にはいつもおこぼれを狙っています。

 

f:id:ponderosa0619:20200214103657j:plain

 モーニング後は11:00~24:00まで営業しています。

周りにレストランが少ないせいか、結構夜遅くまでやっています。

 

f:id:ponderosa0619:20200214103824j:plain

乾杯はもちろん「サンミゲルライト」で、キャンドルと共に。

 

f:id:ponderosa0619:20200214105336j:plain

料理が来るまではビールを飲みながら撮影を楽しんでいました。

 

f:id:ponderosa0619:20200214104008j:plain

トマトとモッツァレラのカプレーゼ。見た目は可愛いけど、ちょっと食べづらい・・・。

 

f:id:ponderosa0619:20200214104206j:plain

シーフードフィットチーネ。残ったソースで添えられたパンを頂くのは美味しいのですが、ボリュームあり過ぎです。

 

f:id:ponderosa0619:20200214104330j:plain

チキンペンネパスタ。フィリピンのパスタはよく伸びてることが多いですが、さすがにペンネは伸びてるって感じはありませんでした。

 

f:id:ponderosa0619:20200214104351j:plain

チキンアドボ。フィリピンの郷土料理。フィリピンでは絶対注文する美味しい一品です。

 

f:id:ponderosa0619:20200214104441j:plain

フライドミックスベジタブル。フライドって??と思って注文したらこういう感じなんですね。上のやつはちょっと要らないかな。

 

f:id:ponderosa0619:20200214104512j:plain

カルボナーラ。フィリピンではあるあるのちょっと伸びたやつです。

 

f:id:ponderosa0619:20200214104606j:plain

照り焼きチキンとフライドライス。普通に美味しかったです。

 

f:id:ponderosa0619:20200214104641j:plain

濃い目のビール、レッドホースです。パンは毎回付いてきます。

滞在中に頂いたものをズラリと並べました。 パスタ率高し!!

 

f:id:ponderosa0619:20200214105139j:plain

このレストランでは毎日こんなライブが開催されていました。

だいたい19:00~22:00ですね。

 

f:id:ponderosa0619:20200214105556j:plain

こんなファイヤーパフォーマンスも。

この小さな子は食事中のゲストです。

 

f:id:ponderosa0619:20200214105501j:plain

自分でポーズを取ると、お兄さんが後ろでグルグルやってくれます。

 

f:id:ponderosa0619:20200214105916j:plain

前に出ての写真撮影は見ている方の迷惑になるので、前には出ないよう注意されていますが、注意されてもお構いなしの方もいます。

ちなみに私は望遠レンズで離れたところから撮影しています。

 

f:id:ponderosa0619:20200214110141j:plain

写真撮影したい方はリゾートのスタッフの方に依頼します。

これはOKらしいです。

 

f:id:ponderosa0619:20200214110244j:plain

こんな感じで食事中のゲストが入れ替わって体験していました。

 

この後はフィナーレで打ち上げ花火があったのですが、カメラを片付けてしまい、慌てて準備するも間に合いませんでした。これは非常に悔いが残りました。

 

今日はレストラン「アゴタタ」の紹介でした。

まだまだたくさんのメニューがありますので、毎回ここでも全然飽きませんでした。

今度来る機会があったら、アロナビーチにも行ってみたいものです。

 

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

フィリピン ボホール⑧  〜最高に心地よいリゾートⅠ Bohol Beach Club~

今日はボホールに行った時に宿泊したボホールビーチクラブを紹介したいと思います。


ボホールといえば有名なアロナビーチではたくさんのお店があって、食事もマッサージもアクティビティも充実しています。

 

一方、私が宿泊したボホールビーチクラブはアロナビーチのちょっと離れたビーチ沿いにあり、白くて長いビーチでハンモック等でのんびりしたい人向けのリゾートだと思います。

 

リゾート内で食事やアクティビティを完結できて、家族でゆっくり過ごしたい、賑やかなところはちょっと苦手だなと思う方に向いていると思います。もしアロナビーチに行きたいと思えば、トライシクルですぐに行けるというのも便利です。

私も行こうと思っていましたが、やりたいことが多過ぎて、時間が足りなくなってしまいました。

 

 

 ボホールビーチクラブは空港から車で30分。

今回は空港からダイビングショップに行って、ダイビングをしてからでしたので、ダイビングショップの方に送迎して頂きました。

 

f:id:ponderosa0619:20200214050219j:plain

滞在中にとてもお世話になった受付の方々です。

日本人スタッフが常駐しているのもボホールビーチクラブのオススメポイントです。

何かトラブルが発生した時にはとても心強いですよねぇ。

 

f:id:ponderosa0619:20200214050604j:plain

青い空に緑色の芝生やヤシの木。

とても目に良さそうで、リラックス効果がありそうな風景です。

 

f:id:ponderosa0619:20200214050705j:plain

あちこちにこんな風にハンモックがあります。もちろんビーチ沿いにも並んでいます。

こんなところでのんびりしたいですよねぇ。

 

今週のお題「元気の秘訣」ですが、いつも忙しいなか、こんな風にやって来られているのはこのような南国で休暇を過ごすからかもしれませんね。

癒しの効果は絶大です。枯れることのない泉のパワーをいっぱい浴びましょう!!

 

f:id:ponderosa0619:20200214051113j:plain

ここが今回宿泊した「216」号室です。

ではルームツアー行ってみましょう!!

 

f:id:ponderosa0619:20200214051224j:plain

中に入ってみるととても清潔感があって、広くて心地いいです。

 

f:id:ponderosa0619:20200214052509j:plain

ベッドにはハイビスカスの花が添えられていました。

 

f:id:ponderosa0619:20200214051312j:plain

ミニバーはこんな感じです。

ビールは「サンミゲル」と「レッドホース」がありますがすぐになくなってしまいました。ミネラルウォーターはなくなったら部屋にある専用ボトルで階段付近に設置してあるウォーターサーバーから頂くことができます。マンゴージュースも美味しかったです。

 

ちなみに私は海外では水が心配で歯磨き後のすすぎもミネラルウォーターを使用してい
るのですが、今回の陸ツアーでお世話になったガイドさんに聞いたら現地の方もミネラルウォーターですすぐっておっしゃっていました。現地の方は歯磨きくらいなら使わないのかと思っていました。

 

f:id:ponderosa0619:20200214051949j:plain

アメニティも揃っていて、日本にも負けないクオリティです。

 

f:id:ponderosa0619:20200214052032j:plain

手前がトイレで奥がシャワールームです。

トイレットペーパーは三角に畳まれていました。

 

f:id:ponderosa0619:20200214052143j:plain

こちらはバスタブがない部屋ですが、選ぶことができますので事前にお伝えしておきましょう。シャワーヘッドの上にギリギリ写っているのですが、初経験のこの巨大シャワーヘッドがクセになってしまいます。泡立った石鹸も一瞬にして流れ落としてくれます。

 

f:id:ponderosa0619:20200214052420j:plain

セーフティーボックスも完備です。

 

f:id:ponderosa0619:20200214052446j:plain

そういえば滞在中一度もテレビ付けませんでした・・・。


f:id:ponderosa0619:20200214052701j:plain

夕食から帰ったら毎晩部屋の外にあるテーブルの上にお菓子が置かれていました。
 

長くなってしまったので、今日はここまで。次回はレストランやビーチを紹介します。

 

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

フィリピン ボホール⑦  〜陸観光Ⅲ 絶景チョコレートヒルズとホタル観賞~

陸観光シリーズの続きです。

 

www.pugen-photo.com


陸観光Ⅰの記事はこちら。 

www.pugen-photo.com

陸観光Ⅱの記事はこちら。

 

①オーガニック料理でボリューム満点ランチ
②世界⼀⼩さいメガネザル「ターシャ」⾒学
③空を駆ける「スカイサイクリング」体験
④巨⼈の落とした涙で出来たと⾔われる絶景「チョコレートヒルズ」
⑤幻想的な光が美しい「ホタルツリー」⾒学

 

【③空を駆ける「スカイサイクリング」体験】

ターシャを見学したらスカイサイクリングです。

f:id:ponderosa0619:20200205045529j:plain

到着しました。こちらで受付をしています。

 

f:id:ponderosa0619:20200205045721j:plain

チケットを受け取ったら階段を登って・・・。

 

f:id:ponderosa0619:20200205051332j:plain

げっ!! あれか!!!  めっちゃ高い!!

矢印の区間に張られているワイヤー上を自転車で漕ぐツアーです。

高さ45m、全長275m。大丈夫かなぁ・・・。

 

f:id:ponderosa0619:20200205051744j:plain

カメラを持てないので、写真はSTWさんのHPからお借りしました。

こんな感じでハーネスを付けて自転車を漕ぎます。怖くて膝がガクガク・・・。

チョコレートヒルズを眺めることができるスカイサイクリングですが、そんな余裕はありませんでした。高所恐怖症の方はしっかりと自分と相談しましょう。

ガイドさんによると「高い所でも平気」という方でも途中で帰って来られなくなる方もいるようです。

 

なんとか往復して生還できたので、次のチョコレートヒルズに向かいます。

 

f:id:ponderosa0619:20200205052420j:plain

途中にドラゴンフルーツの畑がありましたので、こちらでも一枚。

 

 

【④巨⼈の落とした涙で出来たと⾔われる絶景「チョコレートヒルズ」】

 

f:id:ponderosa0619:20200205055907j:plain

チョコレートヒルズ到着です。

200段以上ある階段を登って、写真に見える小山の上から眺めることもできます。

 

f:id:ponderosa0619:20200205055500j:plain

入口付近からの写真です。さぁ、階段を登ろう。

 

f:id:ponderosa0619:20200205060237j:plain

おぉ、良い眺めだ。

 

f:id:ponderosa0619:20200205060159j:plain

チョコレート・ヒルズは大理石でできた高さ30m~50mの円錐形の山が1,268個も並んでできていると言われています。

 

巨人の落とした涙でできたという山という言い伝えが(ディアンヌの涙?)。

 

 

f:id:ponderosa0619:20200205060549j:plain

うわっ、巨人が現れた!! チョコレートヒルが持って行かれる!!

 

緑の草が4~6月の乾期に枯れてチョコレート色に変わることからチョコレート・ヒルズと呼ばれるようになったそうです。色の移り変わりで抹茶ヒルズとかミントヒルズとか呼ばれているらしいです。

 

スカイサイクリングよりも私はこっちの高台から眺めている方が合っているようです。

 

残すはホタル観賞となりました。

 

【⑤幻想的な光が美しい「ホタルツリー」⾒学

 

f:id:ponderosa0619:20200205061454j:plain

ホタル観賞のボート発着所にやって参りました。

日没まではまだちょっと時間があるようです。正面に見える小さいボートに乗船します。

 

日本でホタルといえば夏しか見ることが出来ないのですが、ボホール島では基本的に大雨や台風でなければ毎日ホタル観賞ができるんです。

 

日没まではサンセット撮影を楽しみにしていたのですが、あいにく大きな雲の塊が出てしまって残念ながら撮影できませんでした。

 

f:id:ponderosa0619:20200205062129j:plain

f:id:ponderosa0619:20200205062354j:plain

夕方スコールもあって、ホタルはいつもよりだいぶ少なかったようです。

とはいえ、肉眼ではきれいなホタルがたくさん鑑賞できました。

 

鑑賞する頃には大きな雲もどこかへ行って、夜空にはホタルの光に負けずに星がキラキラ輝いていました。

 

ホタルはどうせ動いてピントが合わないので、星にピント合わせた写真も撮影しておけばよかったと今になって後悔です。

 

もっとホタルが多いとクリスマスツリーのようで更に綺麗になるとか。それでも結構見ることができましたけどね。

 

私は撮影する目的もあったのでボートにしましたが、若者にはカヤックの方が人気が高いようです。ただ暗闇での転覆は恐いですよね。そのスリルが良いのか?

 

ホテルまで送迎していただき、20:30に戻りました。

大満喫の陸観光はここまで。

 

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

フィリピン ボホール⑥  〜陸観光Ⅱ 寝顔もとっても可愛い世界最小メガネザルのターシャ〜

陸観光Ⅰの続きです。

 

www.pugen-photo.com

 

陸観光Ⅰの記事はこちら。

 

①オーガニック料理でボリューム満点ランチ
②世界⼀⼩さいメガネザル「ターシャ」⾒学
③空を駆ける「スカイサイクリング」体験
④巨⼈の落とした涙で出来たと⾔われる絶景「チョコレートヒルズ」
⑤幻想的な光が美しい「ホタルツリー」⾒学

 

 

【②世界⼀⼩さいメガネザル「ターシャ」⾒学】

ターシャ観察区域にやって参りました。

ボホールに来たらここを外すわけにはいきません。

f:id:ponderosa0619:20200205034837j:plain

「SILENCE PLEASE !!!」の看板がありますね。

こちらの施設に入る前にガイドさんから3つの約束を守ってくださいと言われました。

①カメラのフラッシュは炊かないこと。

②ターシャに触らないこと。

③大きな声、音を出さないこと。

上記を守らなければいけない理由は・・・。

 

ターシャってとてもストレスに弱く、フラッシュの光や大きな音等で強いストレスを感じると自分の頭を木にぶつけて自殺してしまうという何とも言えない可哀そうな習性を持っているんです。

 

実際に今回は隣国観光客の子供が大声で泣きだしたので、スタッフの方に速攻で締め出されていました。「子供は泣くのが仕事」とかいうものの、ターシャの命がかかっているのでこれはしょうがないですね。

 

 

f:id:ponderosa0619:20200205040826j:plain

順路に沿って進むとターシャがいるところにスタッフが1~2人ついていて、ターシャの居場所を教えてくれます。ターシャは小さいのでみんな手をめいっぱい伸ばして撮影しています。

 

f:id:ponderosa0619:20200205041052j:plain

「ここから先は入っちゃダメ!!」

と言われているのに隣国の方々はおかまいなしに入っていきます。

1人のスタッフに対して4~5人でいっせいに入るので止めることもできません。

勿論一部の方ですが、やるせない気持ちでいっぱいです。

 

f:id:ponderosa0619:20200205041456j:plain

私は35mm換算600mmになる望遠ズームレンズで撮影しました。

遠く離れたところからでも余裕ちゃんです。

 

f:id:ponderosa0619:20200205041617j:plain

「グレムリンのギズモ」か、はたまた「スターウォーズのヨーダ」かの論争がありますが、どっちも似ていますよね。皆さんはどちら派でしょうか?

望遠レンズで撮影しているので、いまいち大きさが伝わりにくいかもしれませんが、

体長は8~15cm、体重は120g前後です。手のひらサイズでとっても小さいですよね。

 

f:id:ponderosa0619:20200205042205j:plain

ターシャは夜行性なんです。

日中は眠ることが多いので、しばらくしているとこんな風に眠っちゃいます。

こんな姿も可愛いですよね。

 

f:id:ponderosa0619:20200205042545j:plain

場所が変わって、こちらの子も爆睡中です。片手で掴みながら寝るってスゴイ。

とても気持ちよさそうに寝ていますね。良い夢が見られそうです。

 

f:id:ponderosa0619:20200205042738j:plain

こちらの子は起きていますね。

マスカットのような大きな瞳で何を見ているのでしょうか?

 

f:id:ponderosa0619:20200205042822j:plain

あ・・・でも・・・段々眠くなって・・・きた。 瞼が・・・重いよ。

 

f:id:ponderosa0619:20200205042908j:plain

Zzz・・・・・・。 やっぱり寝ちゃいました。

 

ちゃっちゃと回れば20分くらいで回れる施設です。

団体様が去るのを待ってからじっくり撮影すると30分くらいで回れそうです。

私は40分いましたけど・・・。

 

出口ではお土産屋さんもあります。

記念に買うのもいいですよね。

 

今日はここまで。陸観光Ⅲに続きます。

 

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

フィリピン ボホール⑤  ~陸観光Ⅰ はちみつ推しのCAFEでランチ~

フィリピンボホールツアーの最終日は1日延泊してSTW(エス・ティー・ワールド)さん限定の「【陸編】ボホール島で遊び倒そう」というツアーで陸観光に行くことにしました。ボホールは陸も見どころ満載なんです。

 

ツアー内容は・・・

①オーガニック料理でボリューム満点ランチ

②世界⼀⼩さいメガネザル「ターシャ」⾒学

③空を駆ける「スカイサイクリング」体験

④巨⼈の落とした涙で出来たと⾔われる絶景「チョコレートヒルズ」

⑤幻想的な光が美しい「ホタルツリー」⾒学

 

①オーガニック料理でボリューム満点ランチ

f:id:ponderosa0619:20200205022820j:plain

お昼からのツアーですので、まずはこちらのお店でランチから。

タグビララン市のショッピングモールの中にある「Buzzz cafe」さん。

養蜂場を持っていて、ここの料理では砂糖を使わずに甘味はちみつで味付けするというオーガニック料理が味わえるお店です。

 

f:id:ponderosa0619:20200205023630j:plain

真ん中に見えるのがマンゴーとにんにくバジルの2種類ですが、両方ともはちみつを使ったディップです。こちらをパンに塗って頂きます。

 

f:id:ponderosa0619:20200205023936j:plain

こちらはガイドさんにオススメされて、えーっ!!と思いながら注文したキュウリのジュースです。こちらもはちみつが入っているようです。

飲むまでは戸惑いましたが、飲んでみるとさっぱりしている中に、はちみつの甘味も感じることができて美味しかったです。

 

f:id:ponderosa0619:20200205024148j:plain

ローストチキン、ペペロンチーノ、ベジタブルのセットです。

ペペロンチーノはフィリピンではあたりまえ体操になっているちょっと伸びた感じのパスタですね。

 

f:id:ponderosa0619:20200205024448j:plain

デザートははちみつアイスです。やっぱりはちみつ推しのお店ですからね。

ガイドさんからはショウガアイスをオススメされましたが、はちみつアイスもとっても美味しかったです。こちらも砂糖は使っていないらしいです。

 

腹ごしらえが済んだら次のターシャ見学へ出発です。

世界最小メガネザルのターシャを見学できるところは「自然保護区」「観察区域」と2箇所あるとのことでしたが、今回は観察区域に行くことにしました。

 

f:id:ponderosa0619:20200205030847j:plain

この日の日没19:00くらいから『⑤幻想的な光が美しい「ホタルツリー」⾒学』の予定ですが、ガイドさんから「この川沿いで見学しますよ」とのことでした。

一旦下車して撮影させて頂きました。タイミングよくクルーズ船が通過中です。

 

f:id:ponderosa0619:20200205033247j:plain

道中で見かけた田んぼです。

たんぼヤシの木という日本では見られない風景でしたので、車を止めて頂き、一枚撮らせて頂きました。

 

f:id:ponderosa0619:20200205033317j:plain

こちらは田んぼヤシの木バナナの木です。フィリピンらしい風景ですね。

 

ターシャ見学に向かう途中ですが、長くなりそうなので今日はここまで。

 

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。


 

 

フィリピン ボホール④ 〜パングラオ北 今度はワイド撮影でダイビング〜

フィリピンから帰国して1週間経過して、新型コロナウイルスの影響はないかと思っていました。しかし、潜伏期間も長かったり、本人に自覚症状がなかったりとで自分自身発熱はないものの、まだまだ油断はできないようです。

 

さて、今回申し込んだツアーは「バリカサグ」という有名なダイブサイトで潜ることができるはずでしたが、激込みということで代わりに「パングラオ北」へダイビングに行ってきました。

 

「バリカサグ」はギンガメアジやバラクーダやウミガメと大物のワイド系が見られる超人気ポイントです。でも今は3ヶ月前に申し込んでも予約が取れないことがあるくらいの激戦地となってしまいました。

 

www.pugen-photo.com

 「バリカサグ」ってどんな海?と気になった方はこちらの過去記事をご覧ください。

 

「バリカサグ」は過去に2回行ったことがありますので、違うダイブサイトでもいいかなと思いました。以前は簡単に予約取れたのになぁ。

 

f:id:ponderosa0619:20200201104505j:plain

 ビーチに停泊している小舟からダイビング用のバンカーボートへ乗り移ります。

フィリピンでは主流のバンカーボート。両端に浮き木が付いていて、波による揺れを緩和してくれて、船酔いも軽減してくれます。

手前の黄色Tシャツ来ているのがこの日のガイドをしてくれるレイちゃんです。

 

f:id:ponderosa0619:20200201105001j:plain

乗り移ったらパングラオ北を目指してLet's Go !!

船の舳先に座って潮風を浴びるのって気持ちよさそう。でもスタッフ以外は危ないからマネしないでね。

 

f:id:ponderosa0619:20200201105236j:plain

海に入って一番最初に見つけたのはこの子。えっ、どの子? わかった人は凄いです。

では次にもうちょっと寄った写真を。

 

f:id:ponderosa0619:20200201105354j:plain

「オニダルマオコゼ」。

これならおわかりでしょうか?画面中央にいますよ。写真の下の方に口があるのわかりますかね?

こんなにわかりにくい姿なのに背ビレにある毒腺は超猛毒で、ハブが持つ毒の約30だとか。シュノーケリングやダイビングでうっかり踏んでしまうとあの世行きです。

なので写真撮るのも結構怖いんです。

 

f:id:ponderosa0619:20200201110129j:plain

「オオモンカエルアンコウ」。

後ろに見える海綿等に擬態していてわかりにくいですが、ここのはかなりのビッグサイズです。

 

f:id:ponderosa0619:20200201110434j:plain

こちらは綺麗なメラネシアンアンティアスを眺めているようなオオモンカエルアンコウの横顔です。

 

f:id:ponderosa0619:20200201110542j:plain

手足でしっかり踏ん張っていて、ユニークな顔をしているのでダイバーの人気者です。

 

f:id:ponderosa0619:20200201110709j:plain

フィリピンの代表選手といえば、やはり「パープルビューティー」。

サンゴに群れる姿もビューティーです。

 

f:id:ponderosa0619:20200201110900j:plain

こちらもブワーって群れています。

透明度がちょっと悪くて、スコーンと透き通った青ではなく、ちょっと緑がかった海が残念です。

 

f:id:ponderosa0619:20200201111109j:plain

メラネシアンアンティアスやらデバスズメダイやらがごっちゃりと群れています。

こんな水中景観が堪らないです。

水中マクロ撮影は麻薬のように中毒性がありますが、ワイドもやっぱり素敵です。

 

f:id:ponderosa0619:20200201111225j:plain

エダサンゴに群がるデバスズメダイ。

この辺はとてもサンゴが綺麗でそこに魚が密集しているので、とても綺麗な絵になります。

 

f:id:ponderosa0619:20200201111423j:plain

エダサンゴの色がとても綺麗です。

水中ってなんてカラフルなんでしょう。

 

マクロも楽しいけど、やっぱりワイドも捨てがたい。

総じて、水中撮影って楽しいってことですね。

地球の7割は海と言います。

3割の陸しか見たことがないあなた。

水中にはとても素敵な世界が広がっていますよ。


今日はここまで。

 

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。



 

 

 

フィリピン ボホール③ 〜アロナビーチで水中マクロ撮影に挑戦〜

お昼前にパングラオ空港に到着したらダイビングショップのスタッフさんが送迎に来てくれていました。

 

ということでこの日は午後からアロナビーチで2ダイブです。

毎度ながら割とギュウギュウに詰め込んだ旅程になっています。

 

f:id:ponderosa0619:20200130055626j:plain

お世話になったのは「エメラルドグリーン」さんです。ダイビング器材レンタル無料という特典付きです。そして今回はダイビングも1本追加無料でした。

 

そんなサービス精神旺盛なので、過去のモアルポアルもサンタンダーも「エメラルドグリーンダイビングセンター」さんにお世話になっています。

 

f:id:ponderosa0619:20200130055903j:plain

ダイビングまでは海を眺めながらリラックスタイムです。

 

f:id:ponderosa0619:20200130055948j:plain

私の水中撮影機材です。

OLYMPUS EM-1 markⅡにストロボ2灯付けていて、筋トレできるくらいメチャ重です。サイズ比較用にとして隣にコンパクトデジカメTG-4と350ml缶のサンミゲルライトを置いてみました。 やっぱデカいなぁ。なのでパッキングがホントに大変なんです。

 

この日潜るアロナビーチ沖はマクロダイビング向きということで、私はいつもワイド系の撮影が専門だったんで、この日一眼では初めてのマクロ撮影となりました。

f:id:ponderosa0619:20200130063631j:plain

 

f:id:ponderosa0619:20200130061142j:plain

いきなり動くものを撮影するのは難しいので、まずは動かないウミシダなんかの海藻類を撮影して練習しました。

 

f:id:ponderosa0619:20200130062146j:plain

「セグロリュウグウウミウシ」。赤い触角のところにピントを合わせたいのですが、なかなか難しいですねぇ。でもウミウシは比較的動かないので練習にはいいです。

 

f:id:ponderosa0619:20200130063004j:plain

「クマドリカエルアンコウ」。

左側が顔ですね。この辺の海にはたくさんいました。見たい人は是非アロナビーチへ。

 

f:id:ponderosa0619:20200130063130j:plain

「イソギンチャクエビ」。

こういう透明なのがピント合わせが難しいです。マスク越しにファインダー覗くので余計に難しいです。老眼が始まる前にマクロ撮影始めて良かったです。

 

f:id:ponderosa0619:20200130063400j:plain

上の写真を拡大するとお腹に卵を抱えているのがわかります。

スケルトンな体なのでまるわかりですね。

 

f:id:ponderosa0619:20200130063504j:plain

「アンナウミウシ」。

水中写真家むらいさちさんを意識して、ふんわり写真を目指しましたが全然ダメでした。

 

f:id:ponderosa0619:20200130063749j:plain

「デバスズメダイ」。
こちらもむらいさちさん風を意識しましたが、全然ピントが合いません。

 

f:id:ponderosa0619:20200130063904j:plain

「ローランドダムゼル」。

頭に青い天使の輪がある可愛い子です。こういうちっちゃい子を可愛く撮れるようになりたいものです。

 

f:id:ponderosa0619:20200130064339j:plain
「メラネシアンアンティアス」。
マクロ撮影をしたら撮影したかった子です。色合いがきれいでワイドでも群れているところは良い被写体になります。

 

f:id:ponderosa0619:20200130064426j:plain

f:id:ponderosa0619:20200130064438j:plain

「ヤマブキスズメダイ」。

この子はたくさんいました。正面顔を何十回と狙いましたが撃沈でした。でも可愛い。

 

f:id:ponderosa0619:20200130065130j:plain

「クロガネスズメダイ」。

この子もたくさんいました。あと一歩って感じなんですけど、撮影技術がイマイチでした。

 

f:id:ponderosa0619:20200130065239j:plain

「セグロリュウグウウミウシ」。

ペアでいました。交接中でしょうか。

 

f:id:ponderosa0619:20200130065344j:plain

「アカメハゼ」。

マクロ撮影をしたら絶対撮りたいと思っていた子です。

目元が赤くて可愛いですよねぇ。とってもちっちゃい子が、サンゴの上にちょこんと乗っている様子がまた可愛い。

 

f:id:ponderosa0619:20200130065554j:plain

「ソラスズメダイ」。

ピントは微妙ですが、魚の正面顔って可愛いです。

できるだけ可愛く撮ってあげたいと思うのですが、まだまだ修行が必要ですね。

 

 

この日水中ガイドしてくれた現地ガイドのレイは日本語がとても上手なんです。

f:id:ponderosa0619:20200130065906j:plain

これは今日見た魚達ですが、これはレイが書いたんです。てっきり日本人スタッフが書いたと思っていました。カタカナも多少の漢字もイケるようです。

日本に住んだこともないし、日本語学校に行ってるわけでもないのにスゴイですよね。私も見習って早く中学生レベルの英会話を卒業しなければ。

 

この日はアロナビーチでのマクロ撮影でしたが、難しいから尚更のめり込みそうです。

水中マクロ撮影は「中毒性あり」ですね。

 

今日はここまで。

 

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

フィリピン ボホール② 〜世界の機窓から 空の旅〜

フィリピンボホールに向かう機内から見た素敵だった写真を紹介します。

 

機材の到着遅れにより、約1時間遅延してからの約5時間のフライトになりました。

 

まぁそんなにお腹は空いていないものの、離陸から1時間ほどで機内食が到着しました。

 

f:id:ponderosa0619:20200129093822j:plain

特に美味しいというわけではない機内食ですが、出てくると妙にワクワク感があります。今回は「すき焼き弁当」です。味はだいたい想像通りです。

 

離陸してから3時間30分くらいして外を見るとこんな感じの景色でした。

 

f:id:ponderosa0619:20200129093959j:plain


地平線?雲海線?が徐々に明るくなってきました。
 

ホントは綺麗な星空を狙いたくて窓側席にしたのですが、カメラを取り出すタイミングを逃してしまい、iPhoneでの撮影になってしまいました。

 

あと着陸まで30分となったところでの景色がこちらです。

 

f:id:ponderosa0619:20200129093849j:plain

 

だんだん明るくなってきました。

遅延していなければもう到着しているはずだったので見られませんでした。

 

f:id:ponderosa0619:20200129094508j:plain

おっ、お日様が顔を出し始めました。

 

f:id:ponderosa0619:20200129094602j:plain

朝日に照らされた雲海がとても綺麗でした。

 

f:id:ponderosa0619:20200129094715j:plain

もうマニラが間近です。

 

f:id:ponderosa0619:20200129094757j:plain

そして機体が最終着陸体制に入り、雲を抜ける時もとても綺麗でした。

 

雲を境に太陽光の受け方が違って、空の色もくっきりと分かれたのでした。

 

こんな景色を見られるのも夜便の特権ですね。

 

f:id:ponderosa0619:20200129094920j:plain

こちらは帰りの便で撮影した写真ですが、マニラは大都会新宿を想像させるような高層ビルが並んでいます。

 

マニラに到着してからは国内線でボホールのパングラオ国際空港へ向けて飛び立ちます。

 

乗り換えしても最終目的地まで預け荷物が行くと思いきや、マニラで一旦受け取ってから再度預けなければならず、これがまたわかりなくくて面倒くさいんです。

 

この辺のことも備忘録として記載しておきたかってのですが、遅延で乗り継ぎ時間がなくなってしまい、写真が撮れませんでした。

 

ターンテーブルで受け取った荷物は1度税関のチェックを受けて、ターンテーブルのすぐそばにいる係員に渡すという感じでした。2度目だったのに全然わからなくてドキドキでした。

 

ボホールのあるパングラオ空港までは1時間ちょっとです。

 

f:id:ponderosa0619:20200129095258j:plain

さぁ、ボホール島が見えてきました。

ダイビングやマリンアクティビティで使用しているバンカーボートがたくさん見えますね。

 

「ここが綺麗で有名なアロナビーチかぁ」と思っていたら、実はもう少し離れたところだったようです。

 

出発編が長くなってしまいましたが、今日はここまで。

 

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

フィリピン ボホール① 〜寒い日本から常夏へ 待ち時間も楽しい羽田空港国際線ターミナル〜

昨年夏休みが取れなかったので、世間は冬休みも終了しているのに、今更ながら6連休をいただきました。

 

メキシコでは1〜3月はバショウカジキと泳げるシーズンで、特に捕食シーンの迫力はスゴイらしいので、予約しようと計画を進めていましたが、今シーズンはあまり海況が良くないらしく、ツアー催行が難しいとのことで断念しました。

 

第2候補として、2月以降だったら直航便が就航するパラオにしようと思ったのですが、ギリギリ1月になってしまったので、断念しました。

 

第3候補のタイのシミランは現地情報によると海の透明度が悪いとのことでこちらも断念しました。

 

ということで第4候補まで来てしまったのですが、フィリピンのボホール島に行くことにしました。

 

 

ボホールはセブ島の隣に位置していて、セブ島からフェリーで行くこともできます。

 

今回は羽田空港国際線ターミナル⇒マニラ⇒ボホール(パングラオ国際空港)のルートで出発することになりました。

 

f:id:ponderosa0619:20200128115644j:plain

空港に着くと毎回無駄にワクワクしてテンションが上がります。それに羽田国際線は5年ぶりのまだ2回目なんで余計に楽しくなっちゃいます。

 

f:id:ponderosa0619:20200128115953j:plain

出発ロビーに到着しました。

おぉ、イルミネーションが綺麗ですね。思わず撮影しちゃいました。

調べてみると、クリスマス装飾をしているようです。

期間はクリスマスよりだいぶ長いですが、綺麗だから良しですね。

 

【クリスマス装飾期間】

 羽田空港国際線ターミナル : 2019年11月18日(月)~2020年3月15日(日) 

 

f:id:ponderosa0619:20200128120426j:plain

床も天井も綺麗に映し出されています。

雪の結晶でしょうか。笹の葉ではないと思います。

 

f:id:ponderosa0619:20200128120710j:plain

フィリピン航空はたくさん並んでいるなぁ~。

しかも全然進まない。

 

 

f:id:ponderosa0619:20200128120908j:plain

チェックインに1時間以上かかってしまい、もう日付も変わってしまったので、飲食店はほとんど閉まっていました。

 

飲食店やショップが並ぶ4Fは「江戸の街並み」再現した「江戸小路」となります。

良い意味で空港らしくない和の雰囲気ですね。

外国人旅行客が喜びそう。お侍さんが出てきそうですもんね。

 

私は予め食事をしてから出かけたので大丈夫でしたが、お腹が空いたという方でも大丈夫。24時間営業しているお店もありますので、リンクを貼っておきます。17店舗と結構あるんですね。

MEAT STARS 29 | 羽田空港国際線旅客ターミナル

TRUE SOUP | 羽田空港国際線旅客ターミナル

ありそ鮨し(回転寿司) | 羽田空港国際線旅客ターミナル

せたが屋(ラーメン) | 羽田空港国際線旅客ターミナル

カフェ カーディナル | 羽田空港国際線旅客ターミナル

タリーズコーヒー 羽田空港国際線 | 羽田空港国際線旅客ターミナル

バーレイジ | 羽田空港国際線旅客ターミナル

モスカフェ 羽田空港国際線ターミナルビル店 | 羽田空港国際線旅客ターミナル

六厘舎 | 羽田空港国際線旅客ターミナル

和カフェテリア Dining 24 羽田食堂 | 羽田空港国際線旅客ターミナル

夢吟坊 | 羽田空港国際線旅客ターミナル

天ぷら さき亭 | 羽田空港国際線旅客ターミナル

日本の味 Suginoko すぎのこ | 羽田空港国際線旅客ターミナル

甚六 Anti | 羽田空港国際線旅客ターミナル

茶寮 伊藤園 | 羽田空港国際線旅客ターミナル

銀座 おぐ羅(おでん・だし茶漬け) | 羽田空港国際線旅客ターミナル

魚がし日本一 | 羽田空港国際線旅客ターミナル

 

 

f:id:ponderosa0619:20200128121216j:plain

 こちらは「江戸舞台」です。こちらでイベントが開催されることもあるようです。

 

f:id:ponderosa0619:20200128123858j:plain

こちらは24時間やっているお店ですね。

こんな感じで、飛行機に乗らなくてもテーマパーク的な楽しみ方もできそうな空港でした。

 

f:id:ponderosa0619:20200128124001j:plain

マニラ行きは1:30出発のはずが、遅延により2:30発になるのでした。

 

今日はここまで。

 

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。